岡山ひのひかり物語 祈願米(ヒノヒカリ(一等米・5kg))

岡山ひのひかり物語 祈願米(ヒノヒカリ(一等米・5kg))

販売価格: 2,800円(税込)

数量:
会員登録しなくてもご購入いただけます。


会員登録せずにご購入いただく場合、
レジにお進みいただいて
「会員登録せずに購入」をクリックして
お手続きをお進めください。

(ページ内の写真はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございますので、ご了承ください)



祈願米について


 祈願米とは、JA岡山管内で栽培、収穫された「ヒノヒカリ」を日本三大奇祭の一つ、「西大寺会陽」が繰り広げられる岡山市の西大寺観音院の牛玉所殿(ごおうしょでん)で同院僧侶が読経し祈願されたお米です。


 同院には白翡翠製の白玉文殊菩薩(はくぎょくもんじゅぼさつ)が祀られており、文殊菩薩は試験合格、学業成就、智恵堅固のご利益があります。また、白翡翠も同様に智恵の力を授かる事ができる宝石として知られており、2重におかげがあるということです。


 「祈願米」は年始めと受験シーズンに縁起もいいことから毎年多くの消費者の方が待ち望む商品です。



祈願するJA岡山役職員

日本三大奇祭「西大寺会陽(裸祭)」


ヒノヒカリの特徴



良質な食味

非常に良質な食味を持つことで知られており、西日本では多くの家庭で親しまれています。

 
どんなおかずにも合う

「コシヒカリ」ほど味の主張が強くないので、どんなおかずとも相性が良いです。

 
調理に合わせた炊き方で

漬物や味の薄いおかずの時は水を多め、チャーハンなどのご飯モノは水を少なめで。
 

 「ヒノヒカリ」は九州地方を中心に、中四国地方で広く作付をしており、ここ岡山県でも多く栽培されているお米です。


 ヒノヒカリの特徴は、「コシヒカリ」を父に持ち、食味の良さと言われています。粒の大きさは、さほど大きくはないですが、粒は厚みがあり、全体的に丸みをもっています。


 ヒノヒカリは、関東以北ではあまり聞きなれない品種ですが、九州地方、中四国地方においては常用米として人気があります。また「ヒノヒカリ」は父親に持つ「コシヒカリ」と似た食味や輝きをもっていますが、「コシヒカリ」より価格が安いことから一般家庭に限らず、飲食店にも多く取り扱われています。

味の特徴

米のイメージ写真

 「ヒノヒカリ」は小粒でありながらも非常に良質な食味を持つことで知られています。粒は小さめでありながらも厚みがあり食べ応えも良く、西日本では多くの家庭で使われているお米であって、大変親しまれた味と言えます。


 「ヒノヒカリ」は「コシヒカリ」ほど味の主張が強くないので、比較的どんなおかずとも相性は良いと言えます。炊き上げ時の粘りもそんなに強すぎないだけでなく、炊く際の水加減で調整をしても、そこまで味が崩れないことも特徴の一つでもあります。


 ご飯本来の旨味を活かしたい、漬物や味の薄いおかずのものと合わせたい時などは水を多めにしてふっくらと炊き上げ、チャーハンなどのようにご飯そのものを調理したい場合には水を少なめに固く炊き上げても美味しく食べることができます。