葡萄の商品一覧は
こちら

岡山の葡萄

歴史ある葡萄と次世代葡萄、黒系葡萄と緑系葡萄、選び甲斐のある岡山の葡萄。
100年以上の歴史のあるマスカット・オブ・アレキサンドリア、
幅広い年代に好まれているニューピオーネ、
交配により良い所をしっかり継承したシャインマスカット、
魅力溢れる岡山の葡萄です。
マスカットのイメージ写真

ニューピオーネ

深みのある色合いと重量感のある大粒、上品な香り。
溢れる果汁と甘くコクのある味覚、食べ応えのある果肉。
岡山育ちの種なしニューピオーネ。

ニューピオーネの特徴

名前の由来は「開拓者」

ピオーネのイメージ写真

 昭和32年井川秀雄(静岡県伊豆長岡町)が巨峰を母、カノンホール・マスカットを父として交配し育成したもの。昭和46年にパイオニアと命名されたが、昭和48年にピオーネ(イタリア語で開拓者の意味)と改名し、種苗登録されました。

絶妙なバランスの黒葡萄

ピオーネのイメージ写真

 ニューピオーネはポリフェノールが多く含まれ、大粒で、種がなく濃厚な味と酸味もあり、絶妙なバランスのとれた黒葡萄です。(巨峰より粒が大きく、肉質は締まったのが特徴です)果色は巨峰より濃い真黒色で光沢があり白粉(ブルーム)の乗りが良いです。

JA岡山管内の産地

JA岡山管内の産地は、加茂川地区、西大寺地区、上道地区、灘崎地区、妹尾地区、邑久地区、裳掛地区、建部地区、土田地区、牧山地区、御津地区など広域に渡ります。全体の生産量は年間384トンです。

長期間の出荷

広域な産地に加え、4月下旬ごろから始まる出荷は、加温栽培から露地栽培に切り替えながら10月まで、長期間の出荷を可能にしています。

ピオーネは皮離れが良い葡萄です。

  • 1.粒を軸から取ります

  • 2.開口部分を口内に向けて、吸い込みます。

  • 3.ツルッ!スポッ!という感覚で、簡単に粒が口内に飛び込んできます。

皮を剥いたり、種を取り出すことも無いので、あまり手を汚さずに食べることができます。
皮離れがとても良いので、気持ち良く粒を吸い出すことができます。

ご注文はこちら

マスカット・オブ・アレキサンドリア

岡山県が日本一の生産量
(全国生産量の90%を生産)を誇る、
マスカット・オブ・アレキサンドリア

マスカット・オブ・アレキサンドリアの特徴

  • 香り良し

    香水の「ムスク」の香りがする葡萄、ということで「マスカット」という名前が付けられました。香りの良さはマスカット・オブ・アレキサンドリアの最大の特徴です。

  • 美しい色

    美しいエメラルドグリーンは、まるで宝石のよう。岡山県外の方には「緑色の宝石」と珍しがっていただくこともあります。

  • 上品な甘さ

    爽やか酸味と、甘すぎない、さっぱりとした甘みが上品です。みずみずしい味わいをお楽しみください。

岡山でブドウ栽培がはじまったのは明治11年

アレキ圃場の写真

 岡山でブドウ栽培がはじまったのは明治11年。様々な品種が栽培されてきましたが、土地や気候が合わずなかなかうまくいきませんでした。そして、生産者たちのこだわりと情熱により、ようやくマスカット・オブ・アレキサンドリアにたどり着きました。その後、温室栽培の技術が確立され、生産量も伸び、現在のような一大産地へと成長しました。

長期間の出荷

岡山のマスカット・オブ・アレキサンドリアは、5月~11月までの長期間の出荷が可能です。その秘密は、ハウス内を加温機で温めて栽培する加温栽培。12月ごろからハウスを温めて栽培を始め、5~8月に出荷されます。もう一つは自然のままの気温で育てる冷室(無加温)栽培。こちらは9~11月に出荷されます。これらの栽培技術は、120年の歴史の中で育まれてきました。

保存方法

マスカットの粒の写真

 冷暗所または冷蔵庫の野菜室で保存します。乾燥しないようラップや新聞紙で包むか、ポリ袋などに入れておきます。状態にもよりますが日持ちは2~4日くらいが目安。新鮮なうちにおいしく食べましょう。

軸を切り取るイメージ図

 冷凍する場合は、水洗いして水気をしっかり切り、粒を外して(できれば軸を少し残すようにハサミでカット)保存用袋などに入れて冷凍庫へ。

心を込めた贈り物にも是非どうぞ。
味や香りだけでなく、見た目にも気品があり、
高貴な気分にさせてくれるマスカット・オブ・アレキサンドリアは、
贈り物としても最適です。

ご注文はこちら

シャインマスカット「晴王」

交配により、
親の良い部分をしっかりと継承した、
次世代葡萄

シャインマスカットの特徴

  • 美しく大粒

    果皮は緑黄色で、果粒の重さは10~15gくらい。

  • 甘い

    糖度は18~20度ほどと高く、酸味は控えめ

  • 皮ごと食べられる

    果皮が薄くてやわらかく、パリッとした歯ごたえ

  • マスカットの香り

    しまりのある果肉は果汁が豊富で、マスカットの芳香

親の良い部分をしっかり継承

シャインマスカットの写真

 「シャインマスカット」は、親が「安芸津21号」と「白南」で、2006年(平成18年)に品種登録されたぶどうです。農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究で育成されました。

 親の安芸津21号は「スチューベン」×「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の交配種。また白南の親は「カッタ・クルガン」×「甲斐路」です。祖父母はどれもおいしいぶどうばかりで、それぞれのよい部分をしっかり継承しました。

「晴王」として出荷されるものは、
岡山県下のJAから出荷されたものだけに限定されます。

「晴王」の写真
シャインマスカットの写真

保存方法

 ラップや新聞紙で包むか、ポリ袋に入れるなどして乾燥を予防し、冷暗所または冷蔵庫の野菜室で保存します。シャインマスカットは日持ちがよいほうで、状態がよければ3~5日は持ちますが、なるべく早めに食べましょう。一度に食べきれない場合は冷凍も可能です。粒をばらして(できれば軸を少し残すようにハサミでカット)保存用袋などに入れて冷凍庫へ。保存期間の目安は約1か月です。

食べ方

 シャインマスカットは基本的に種なしで、皮ごと食べられます。2~3時間ほど冷やして軸ごと水洗いし、粒を取って丸ごと食べましょう。もちろん、皮が気になる場合は皮をむいて食べてもOKです。果皮の色がきれいで粒も大きく香りもよいので、ケーキやタルトなどに飾るのもおすすめです。

ご注文はこちら

産地について

日々、技術の維持・向上に励む
生産者たちが作る葡萄は、
地元でも人気です。

査定会など

産地では、査定会、共進会を行い、品質・技術の維持・向上に努めています。

販促PRイベントなど

管内各地で、販売促進やPR活動が行われています。岡山の葡萄は地元でも人気が高いため、販売イベントなどでは多くの人が集まります。

ピオーネの食べ方

岡山の葡萄を、
もっと、おいしく。もっと、楽しく。
どれを食べるか迷いながら選ぶのも、
葡萄の楽しみ方のひとつです。

食べ方

房の上の方から食べてください。

葡萄は甘みが上の方に溜まりやすいので、甘みが少ない先端の方から食べます。

先に甘い方を食べてしまうと、余計に甘みが足りなく感じてしまうため、甘みの少ない方から食べます。

食べる直前に冷やしてください。

冷蔵庫に入れておくと傷みが進んでしまいますので、食べる前に1時間程度冷やしてからお召し上がりください。

ピオーネのジェラート

(写真はニューピオーネを使用しています)

材料(2人分)
ブドウ 250g、牛乳 50cc、砂糖 大さじ1、レモン汁 適量

作り方

  1. ブドウは皮を剥いて凍らせておく。
  2. ミキサーに1と牛乳、砂糖、レモン汁を入れて混ぜる。
  3. 完成!!

楽しみ方

黒系葡萄と緑系葡萄

黒系葡萄

ニューピオーネ
オーロラブラック

濃厚な味が魅力で、粒も大きく、はっきりとした葡萄の味です。どちらかというと、男性のファンが多いようです。また、子供にも人気です。

緑系葡萄

マスカット・オブ・アレキサンドリア
シャインマスカット

マスカット独特の上品な香りとエメラルドグリーンの美しさから、どちらかというと女性のファンが多いようです。

歴史ある葡萄と次世代葡萄

歴史ある葡萄

ニューピオーネ
マスカット・オブ・アレキサンドリア

栽培の歴史が長く、多くの方に親しまれている味が魅力です。

品種改良で食べやすくおいしい葡萄が出てきても、「従来の葡萄の方が好き」という方も大勢います。

次世代葡萄

オーロラブラック
シャインマスカット

種がある、皮が食べられない、など、従来の葡萄の問題点を品種改良で克服した葡萄がたくさん出てきています。それらは総称して「次世代フルーツ」などと呼ばれています。

次世代葡萄はおいしい葡萄・食べやすい葡萄を追求しており、皮ごと食べられる・種が無い・大粒、などの特徴があります。